ゲレンデマップ

Home > ゲレンデマップ

ゲレンデマップ

 

Print

 

コースデータ

シャクナゲコース(1,000m)

アサギリコース (1,050m)

シラハギコース (600m)

ヨーデルコース (500m)

エンジェルコース(1,750m)

ハミングコース (500m)

ハイジコース  (500m)

 

安全に滑走していただくために

1.スキー・スノーボード等には次のような特有な危険があることを承知の上、これをご自分の注意により避けるようにしてください。

 ①雷、風、霧など天候による危険

 ②がけ、凸凹など地形による危険

 ③アイスバーン、雪崩など雪の状態による危険

 ④岩石、立木など自然の障害物による危険

 ⑤リフト施設、建物、雪上車両など人工の障害物による危険

 ⑥他のお客様との接触による危険

 ⑦みずからの失敗による危険

2.「ゲレンデマップ」に記載されているスキー場滑走区域境界線外への立入を禁止します。また、スキー場滑走区域境界線内であっても立入禁止区域や閉鎖中のコースへ入ることはできません。

3.ヨーデルコース(未圧雪)は、超上級者限定のエリアになっています。上部の規制ネットが解放されている場合のみ滑走が可能です。

4.保護者の目の届かないところでのお子様の単独行動は危険ですからおやめください。

5.滑走区域境界線外、または立入禁止区域の滑走により、雪崩を誘発する行為を禁止します。

6.ドローン等の飛行を禁止致します。但し、当スキー場に許可されたものに限り、飛行を許可いたします。

7.スキー場滑走区域境界線外・立入禁止区域での事故発生に対して捜索救助活動を行った場合、救助に関係した費用については当事者負担となります。(人件費、雪上車両使用料、索道運行費、照明電気料など)

8.冬山登山や山岳スキーをされる方は、管理事務所にて登山届を記入してください。

9.当スキー場の安全管理については、全国スキー安全対策協議会が定める「スノースポーツ安全基準」に準じます。

10.場内で他のお客様に損害を与えた時には、日常の社会生活の場合と同様に法に基づいて責任を問われる例があります。万一に備えて、傷害保険と損害保険に加入されることをおすすめします。

11.第1項から第5項までのことがらを守って滑走してください。係員やパトロールの指示に従わない場合には当スキー場でのスキー・スノーボード等をお断りする場合があります。

 

スキー場の行動規則

次の各号の行動規則を守ってご利用をお願いします。

1.他人を傷つけたり、おびやかしたりしてはならない。

2.地形・天候・雪質・技能・体調・混雑等の状況に合わせてスピードをコントロールし、いつでも危険を避けるために止まれるよう、滑り方を選ばなければならない。

3.前にいる人の滑走を妨害してはならない。

4.追い越すときは、その人との間隔を十分にあけなければならない。

5.滑りだすとき、合流するとき、斜面を横切るときは、上をよく見て安全を確かめなければならない。

6.コースの中で座り込んではならない。せまい所や上から見通せない所では立ち止まることも慎まなければならない。転んだときはすばやくコースをあけなければならない。

7.登るとき、歩くとき、止まるときは、コースの端を利用しなければならない。

8.スキーやスノーボードには、流れ止めをつけなければならない。

9.掲示・標識・場内放送等の注意を守り、スキーパトロール・スキー場係員の指示に従わなければならない。

10.事故に出あったときは救助活動と通報に協力し、当事者・目撃者を問わず身元を明らかにしなければならない。

 

 

 

 

 

Pagetop